ラジオメーター
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

ラジオメーター

¥3,850 税込

送料についてはこちら

シルエットが美しいガラスオブジェ 太陽光や白熱灯を浴びると、その熱を吸収した羽根がくるくると回ります 玄関や窓際のインテリアとしておすすめです ラジオメーターは1870年代に 英国人・物理学者クルックスによって考案された ソーラーエネルギーを運動エネルギーに変える実験器具です 光熱に照らされると ガラス内の4枚の羽根が回転します 窓辺に置けば太陽光で、 室内にあれば白熱灯などに 反応して回転し続けます。 光の強弱に比例して、回転する速度が変化します 光が強いと回転する速度が上がります 蛍光灯には反応せず、 太陽光や白熱灯に反応します =回転する原理= ガラスの中の羽根の片面は黒で塗られています 光にあてると黒い羽根の面は 光を吸収して温度が上がります その表面付近の 気体の分子活動が活発になり、 羽根の面に分子衝突による圧力が 他面と差を生じるので、 羽根は塗られていない面の方に回転します (ガラス球内部は半真空状態になっています) =size= サイズ:約高さ180×Φ60mm 材質:ホウケイ酸ガラス、他 ※蛍光灯やネオン灯には反応しません。太陽光や白熱灯に反応します。 ※手造り品につきガラスの形状やサイズに若干の個体差が生じる場合がございます