CD -草稿- produce 紙片
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

CD -草稿- produce 紙片

¥1,800 税込

送料についてはこちら

広島県 尾道市にある、本とCDのお店 "紙片" さんの作ったCDです 耳触りがよく、何気なくかけていても邪魔せず、 でも不意に聞き入ってしまっていたり... ぼうっと考え事をするにも、作業で没頭するにも、ゆっくり珈琲を飲むにも向いていると思います 邪魔せず、気負わず、あとからいい音楽だったなと思い出してしまうような音楽集です 自宅で聴くにも、ドライブにも、様々なお店のBGMにもお勧めです -以下、紙片さんの記事の抜粋です- hideyuki hashimotoさん(以下、橋本さん)と、『草稿』というCDをつくりました。ちょうどよくて、すごく好きなCDができたんです。 草稿 =花や木になる前の原稿、スケッチ . 『読書』というアルバムの制作中に ピアノと足踏みオルガンで響きとひらめきを スケッチするように録音した日常の記録。 音楽のある瞬間の完成を花や木に例えるなら その周りに育った本作を『草稿』とする。 風にゆれる草、光る水面のような小曲集。 演奏 hideyuki hashimoto 装画 花松あゆみ 意匠 ⻆谷 慶(Su-) 整音 甲田 徹 発行 紙片 感謝 幡野広志 門坂やすよ yatchi いろんなためいき えほんやるすばんばんするかいしゃ 収録 26曲 70分 . このCDの始まりについて 『読書』というCDを作りたい、と橋本さん、yatchiさん、いろんなためいきさんにお願いしたのが昨年の夏。 今年の春、皆さんから曲が届き始めた頃に橋本さんから「実はまだスケッチのように録音したのが80曲くらいあって、、」と驚きの連絡。 それを聴かせてもらったら、すごく良くてひとつにまとめたくなりました。 それが今回の『草稿』です。 草稿のはじめの2曲は、僕が贈った本を読みながら弾いてくれた曲 「自然な音楽」というと大事なことが逃げてしまいそうですが、 橋本さんが暮らしの中でピアノを弾くということは、 とても自然なことのような気がしています。